こむら返りの原因に応じて調合してもらおう!

こむら返りの原因に応じて調合してもらおう!

漢方薬の良さとして挙げられるのが、副作用が出にくいということとからだに優しいということですよね。しかし、こむら返りの症状が出ているときに、即効性のある漢方薬として芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)が使われているようです。こちらは、今まさに症状が出ているときの漢方薬ということで即効性があるのですが、こむら返りが出やすい体質そのものを治すという意味での漢方薬についても気になります。
漢方薬というのは、最近は病院でも処方されていますし、ドラッグストアでは人気のあるものは商品として販売されていますね。その他、最初から症状を伝えた上で調合して貰うというような方法もあります。完全オリジナルという感じです。

 

こむら返りになりやすい体質として、冷え性があります。冷え性とは冬場だけの問題ではなく、夏場の暑いときでも手足が冷たいというようなこともあります。夏場に外の温度が高くてもこのような症状がある人は、かなりの冷え性の持ち主です。冷え性でふくらはぎが冷たい、このような人はその他の要因が重なるとすぐにこむら返りを起こしてしまいます。この手のタイプの人は主に女性に多く、色が白く、生理痛も酷い傾向がありますので、冷えを解消する漢方薬を調合して貰って体質改善することで、様々な不調を解消することができます。心当たりがあるという人は、一度相談しに行ってみてはどうでしょうか。